aXesの構成

aXes は、特別なサーバーを必要としません。i5(OS400) Ver.5.40~Ver.7.20 であれば、ハードウェア構成にも依存しません。 そして、 ソフトウェアはすべて IBMi にインストールされます。
aXes は、IBMi のライセンスプログラム1AXES01として提供されますので、インストールやPTF適用の手順はすべて IBMi のライセンスプログラム手順に準拠しています 。

構成図における「aXesW3 : HTTP Server」「aXesTS : Terminal Server」「aXesWS : Web Spooler」は、ご使用になる同時接続数等、ライセンス構成に従ってパッケージとしてご提供いたします。

aXesW3 : HTTP Server

IBMi で稼動する Web Server です。aXes の場合、他の Web Server はご使用いただけません。

aXesTS : Terminal Server

端末セッションを提供します。
クライアントからの要求に従い、仮想端末を IBMi 内に生成します。

aXesWS : Web Spooler

スプールデータをブラウザ上で照会したり、印刷したりする機能を提供します。印刷は 5577エミュレーションを必要としないネイティブなPCプリンタ印刷です。ネットワーク上の全てのPCプリンタが IBMi プリンタに変わります。

(*)印刷機能は、プリンタセッションを構成するものではありません。プッシュ型の印刷機能ではありません。
(*)aXes のモジュールは、すべて IBMi の API を使用していますので、IBMi のアップグレードによって、APIの仕様変更が発生しない限り、不具合が発生することは基本的にありません。