PCオーガナイザーもaXesで!!!

aXesではSTRPCCMDも使用することが出来ます!つまり、既存の5250アプリケーションをそのままaXesでご使用いただけます。

以下の動画は、ACSにてSTRPCCMDを実行している様子です。実行されているバッチファイルにてACSのデータ転送プログラムが起動されています。

次に、同じことをaXesで実行してみましょう。

aXesでもSTRPCCMDが実行できることをご覧いただけたかと思います。

仕様や気掛かりなことがございましたら弊社営業またはサポート窓口までお気軽にお問い合わせくださいませ!