aXesのスプール照会

Web Spooler は、ブラウザ上でスプールの照会・印刷を可能にする aXes のオプション・ライセンスです。Pcomm 等、従来型エミュレータのプリンタ・セッションと異なるのは、プル型である点です。aXes にはプリンタ・セッションという概念がありません。ユーザーがブラウザ上で選択したスプールを照会し、ネットワーク上のプリンタに印刷指示をする必要があります。

しかし、aXes には従来型エミュレータにできないスプール・コントロール機能があります。

端末セッション・ウィンドウのツールバー・ボタンで出力画面を開きます。

スプールを選択してクリックすると、スプールが「HTML」形式で表示されます。

①スプールを全桁表示

132桁/198桁のスプールを全画面表示させることができます。左上部の Page 番号をクリックすると指定ページにジャンプすることが可能です。

②PC印刷

右上部のプリンタ・アイコンをクリックすると、ローカル PC にインストール済みの PC プリンタの選択ウィンドウが開きます。プラウザで表示されていますので、5577 エミュレーションを必要としない、通常の PC 印刷が可能になります。(注)PC 印刷ですので、プリプリント印刷の伝票印刷等には不向きです。

③ファイル形式の選択

スプールの「表示方法」は、HTML 以外に、PDF/XML/TEXT が選択できます。PDF を選択した場合、クライアントに Adobe Acrobat Reader がインストールされていれば、自動的に PDF 表示されます。スプールをクライアントに保管するといった、新しい使い方が可能になります。

セッションパーキング