aXesのサインオン画面サンプル

aXes のログイン画面です。IBMi のユーザー&パスワード等を入力すればログインできます。
Pcomm等の従来型エミュレータのログイン画面(QDSIGNON)とは異なります。従来型エミュレータの場合、ログイン画面つまりは QDSIGNON 画面が表示された時点で、端末セッションは確立されています。言い換えれば、仮想デバイス名が割りあてられています。
しかし、aXes の上記ログイン画面は、aXes の HTTP Server(aXesW3) が提供している画面であり、この時点では仮想デバイスは生成されていません。言い換えれば、端末セッションは確立されていません。ユーザー&パスワード等を入力して、ログインする過程で仮想デバイスが生成されることになります。

aXes の場合、IBMi の QDSIGNON 画面は表示されません。このログイン画面でユーザー&パスワード等が入力された後、内部で仮想デバイスが自動生成されます。QDSIGNON 画面は、ここで入力されるユーザー&パスワード等がパラメータとして受け渡され、透過的に使用されます。よって、ユーザーには、QDSIGNON 画面が表示されません。

ユーザー&パスワードのみの指定でログインした場合、IBMi の「仮想装置の自動構成」設定に従って、「デバイス名 : QPADEVxxxx」 が生成されます。

ログイン画面の「Advanced」ボタンを押すと、ユーザー&パスワード以外のログイン情報を入力することができます。↓

スクリーンサイズ : 24行 x 80桁 / 27行 x 132桁表示に対応しています。
装置 : 接続デバイス名を指定できます。
プログラム : QDSIGNON 画面上の「プログラム/プロシージャー」に渡されます。
メニュー : QDSIGNON 画面上の「メニュー」に渡されます。
現行ライブラリー : QDSIGNON 画面上の「現行ライブラリー」に渡されます。

デバイス名について・・・

従来型エミュレータのように、クライアントのアイコンをクリックするだけで常に同一デバイス名での接続を必要とする場合は、こちらをご覧ください。

スタイルシート