「製品・サービス案内」カテゴリーアーカイブ

Q&A集

1. aXesはWASを使用するのですか?

WASは使用しません。aXesをご使用いただく上で前提となる IBMi のライセンスは特にありません。

2. aXesを使用するにあたって、既存アプリケーションの修正が必要になりますか?

特にありません。Pcommやクライアントアクセスでの表示イメードとaXesでの表示イメージには若干の相違がございますが、ご使用上の問題はありません。表示上の相違につきましては、「プレゼンテーション」のページをご参照ください。また、お客様の環境で実際に評価導入することで、お試しいただくことも可能です。

3. aXesのレスポンスはPcomm等のエミュレータと比較してどうですか?

「プレゼンテーション」のページでもご紹介していますが、aXesはPcomm等の従来型エミュレータと比較しても遜色ないレスポンスタイムを実現しています。Web型アプリケーションですので、HTTP サーバーを経由するというハンディキャップが aXesにはありますが、HTTPサーバーが iSerier 上で稼動していることと、そのHTTPサーバー(aXesW3)が IBM Original HTTPサーバー等よりも高速に設計されていることで、レスポンスの遅延を吸収しています。

4. aXesで端末ID(デバイス名)の指定はログイン・ユーザーでしか指定できないのですか?

aXes の場合、端末ID(デバイス名)の指定は、ユーザープロファイル単位に設定する方法が基本となります。具体的には、aXesのコンフィグレーションファイルに登録することになります。ユーザーAの端末ID(デバイス名)はDSP01というよな設定を行います。欧米では個人ユーザープロファイルが一般的ですが、日本の場合は組織に依存した管理手法が多く、ユーザープロファイルはグループプロファイルである場合が少なくありません。昨今のセキュリティ事情からすれば、あまり好ましい手法ではありませんが、変更に伴う時間やコストから移行できないのが実情です。端末ID(デバイス名)にしてもユーザープロファイル単位の考え方ではなく、組織に依存した物理的な端末装置名として使用されていることが多く見受けられます。Pcommやクライアントアクセスといった従来型のエミュレータはクライアント(PC)に接続設定を作成し、その中に端末ID(デバイス名)を指定しますので、端末ID(デバイス名)と物理的な端末装置(PC)を明示的に紐付けることになります。日本ではそれを前提としたアプリケーション開発を行っていることが少なくありません。その場合、aXes のユーザープロファイルと端末ID(デバイス名)を紐付ける手法では支障が出てくる場合があります。ユーザーがログインする場所(PC)によって端末ID(デバイス名)が移動してしまうからです。aXesは、そのようなことに対応するために、ログイン時に端末ID(デバイス名)を指定できるログイン画面が用意されています。aXesは従来型エミュレータのようにクライアント側にはソフトウェアが存在しません。まして接続設定のようなファイルも存在しません。従いまして、ログインの都度、端末ID(ドバイス名)を指定する必要が出てまいりますが、運用として「このPCからログインする場合は、必ずこの端末ID(デバイス名)を指定する」といった社内ルールを徹底していただければ、端末ID(デバイス名)と物理的な端末装置(PC)を明示的に紐付けることが可能となります。

ログイン画面のサンプルはココをクリックしてください。

以上は aXes の標準機能ですが、それ以外にユーザーが端末ID(デバイス名)をログインの都度指定することなく、端末ID(デバイス名)と物理的な端末装置(PC)を明示的に紐付けるためのオプション・ツール(aloha)をご提供することが可能です。これによって、端末ID(デバイス名)管理は、従来型エミュレータと同様に行うことが可能となります。詳しくは、ココをご覧ください。

5. aXesでキーボードマッピングはできますか?

「Windows Keyboard」或いは「AS/400 Keyboard」の選択が可能です。「実行キー」に「Enterキー」を使用するか、「Ctrlキー」を使用するかが、日本では最も問題となります。「Windows Keyboard」或いは「AS/400 Keyboard」の切り替えは端末ユーザーが行うことができ、「実行キー」が「Enterキー」或いは「Ctrlキー」に切り替わります。その他、ファンクション・キー等、標準的なキー操作が可能です。

6. DDS Keyword で表示できないものは何ですか?

aXesは、以下の DDS Keyword については表示或いは機能いたしません。以下の DDS Keyword によっては、アプリケーションの修正が必要な場合がございます。(* INVITE Keyword)

GRDxxx : 罫線系
DSPATR(CS) : カラムセパレータ
ALARM ,ALWGPH,CNTFLD,CSRINPONLY,CHCACCEL,DSPRL,MSGALARM
FRCDTA INVITE MOUBTN WDWBORDER

aXes Ver1.34 以上であれば、画面カスタマイズ機能により DDS より豊かな画面表現が可能になりますので、aXes で上記 DDS Keyword が機能しないことは、ほとんど問題になりません。

7. i5 OSのバージョンアップによる障害が発生する可能性はないのですか?

aXesは、i5 OS Ver.5.3 以降で提供されている IBMi の API を使用しています。従いまして、上位互換を保証している IBMi において、その心配は無いとお考え下さい。これまで IBMi は、進化の過程で上位互換を維持してきました。

8. aXesのサポート体制について教えてください。

aXesをご購入いただきますと、保守契約を締結させて頂いております。
ご契約いただきますと、ご使用上、発生しますご質問トラブル対応等をお電話やメールにてお受けしております。

9. SEU/SDAは普通に使用できますか ?

SEU/SDAは、一般的な IBMi アプリケーション(画面プログラム)とは異なる方法で作成されています。ブラウザでは対応できないとされる、入力フィールドに表示属性を組み込んで作成されています。

もし、aXes による SEU/SDA の操作に不都合を感じる場合は、Websphere Developers Studio のご使用をお薦めします。同ソフトはIBMより無償(IBMにご確認ください)で提供され、バッチ環境にて動作します。また、開発を容易にするグラフィカルなインターフェース機能も充実しています。

10. プリンタ・セッションは提供されていますか?

Pcomm やクライアントアクセスといった従来型のエミュレータに見られるプリンタ・セッションの概念はございません。aXes は、aXesWS(Web Spooler)の機能でブラウザでスプールを照会できる機能を提供しております。これはユーザーが自分で参照したいスプールを指定して照会するものです。つまりプル型の照会機能です。従来型のエミュレータに見られるプリンタ・セッションは、直接プリンタに出力するプッシュ型ですが、このプッシュ型を実現するためには、出力プリンタのドライバーにスプールデータを受け渡すソフトウェアがクライアント側に必要となります。クライアント側にソフトウェアが存在しない aXes は、プッシュ型印刷を行うことができません。
しかし、aXesWS(Web Spooler)はブラウザ上でスプールを、HTML/PDF/XML/TEXT といった形式で表示できますので、ユーザーがプリンタを選択する操作さえ行えば、5577エミュレーションに依存せずに、どのPCプリンタに対しても印刷を行うことができます。PDFでの表示も可能ですので、スプールデータをPDFで保管するといった新しい使い方ができます。

評価版

aXes は実際にお客様の環境でお使いいただき、ご評価いただくことができます。30日間の使用限定で aXes の評価版導入をさせていただいております。

或いは、評価導入する前に、まずは実際に見てみたいというお考えもあるかも知れません。弊社の技術員がお客様のオフィスまで伺い、デモンストレーションをご覧いただくことができます。日本全国何処へでもうかがいます。

評価導入或いは、デモンストレーションのご要望は、「申し込み」ボタンをクリックして必要事項をご入力願います。具体的な日程等のご相談につきましては、追ってご連絡させていただきます。

カスタマイズ機能についての評価導入は、実施いたしておりません。

お問い合わせはこちらから

aXesの価格

aXes Base (ベースモジュール) : 必須
aXes Terminal Server : 端末セッションを使用するためのライセンス
aXes Web Spooler : スプール照会を使用するためのライセンス

同時接続セッション数 無制限ライセンス価格
(サーバーライセンス)
CPU
グループ
aXes Base
aXes
Terminal Server
aXes
Web Spooler
aXes Spool File Connecter
aXes Mobile Application
P05
200,000
600,000
480,000
200,000
480,000
P10
200,000
1,200,000
960,000
200,000
720,000
P20
200,000
2,250,000
1,800,000
200,000
960,000
P30
200,000
3,000,000
2,400,000
200,000
1,200,000
P40
200,000
4,500,000
3,600,000
200,000
1,440,000
P50/P60
200,000
6,000,000
4,800,000
200,000
1,680,000

ソフトウェア価格 = (ベースモジュール) + (aXes Terminal Server) + (aXes Web Spooler) + (aXes Mobile Application)

** aXes Web Spooler はオプションです。
** aXes Mobile Application はオプションです。導入には aXes(V3.1.0以上) のサーバーライセンスが必要です。
** CPU グループは、コマンド「WRKLICINF」でご確認ください。

同時接続セッション数単位のライセンス価格
(ユーザーライセンス)
aXes Base
aXes
Terminal Server
aXes
Web Spooler
価格
200,000
30,000
24,000
P05~P60 共通
1ユーザー
1ユーザー

ソフトウェア価格 = (ベースモジュール) + (aXes Terminal Server セッション数 × ¥30,000) + (aXes Web Spooler セッション数 × ¥24,000)

** ユーザーライセンスの場合、価格は CPU グループに依存しません。
** ユーザーライセンスは、後から追加することができます。
** ユーザーライセンス(セッション数)は、最低5ユーザーからです。

ユーザーライセンスから、サーバーライセンスへの
移行目安となるセッション数
CPUグループ
同時接続数
P05
20
P10
40
P20
75
P30
100
P40
150
P50/P60
200

** ユーザーライセンス数が、上記の数を超える場合は、サーバーライセンスに移行することができます。

その他費用
導入セットアップ及び、トレーニング料金: (構成により)
年間保守料金: 定価の18%(必須)

aXesのアドミニストレータ画面サンプル

システム管理者向けに用意された、便利な機能をご紹介します。システム管理者にとって、エンドユーザー・サポートは重要な業務の1つです。アプリケーションの操作方法や、トラブル時の問い合わせ等に、電話で対応することが多いかも知れません。しかし、電話だけでは正確な状況把握ができない場合もあります。 aXes は、エンドユーザーが実際にどのような画面状況で問い合わせてきているのかを、確認することが出来ます。

ユーザーのジョブでプログラムが異常停止しました。

システム管理者は、ブラウザで aXes の使用ユーザー一覧を表示します。

対象ユーザーをクリックすると、同じ画面を参照することができます。

aXesのセッションパーキング

セッション・パーキングとは、aXes 独自のセッション管理機能です。 Pcomm 等の従来型エミュレータは、IBMi との通信において、常に同期通信を行っています。IBMi 内のセッション情報とクライアント側に表示されるセッション情報が一致しているかをチェックしています。言い換えれば、セッション情報を一致させることで、セッション管理が行われています。セッション情報が一致しない時に、従来型エミュレータのジョブは異常終了してしまいます。

aXes は、ブラウザで動作しますので同期通信を行っていません。それは、ブラウザのクリックしない限り通信を行わないという特性に依存しています。同期通信ができないため、aXes のセッション管理は、IBMi 内のセッション情報を「正」とするように設計されています。言い換えれば、クライアントのブラウザ上の表示状況を管理していません。常に IBMi 内の aXesTS(Terminal Server)が管理しているセッション情報が正しいことを前提に動作いたします。

その正確なセッション情報を IBMi 内で保持しているのが、セッション・パーキング機能です。セッション・パーキング機能により、クライアントからの要求が無くても、一定時間はそのセッション情報を保持してくれています。(ディフォルトで 3600秒)

このセッション・パーキング機能は、その働きを理解してお使いいただくと、便利な使い方が可能になります。

 

①セッション・ウィンドウを、誤ってクローズボタンで閉じてしまった場合。

このような場合でも、セッション情報は IBMi 内の aXesTS(Terminal Server) が一定時間保持していますので、この時点ではジョブは異常終了していません。
再度、ログイン画面を呼び出して、「再接続」チェックボックスにチェックをして、ログインし直せば、セッション・ウィンドウをクローズした時点での画面が復元されます。

②モバイル通信で aXes による端末セッション使用中に、電話が切れてしまった場合。

このような場合でも、セッション情報は IBMi 内の aXesTS(Terminal Server) が一定時間保持していますので、この時点ではジョブは異常終了していません。そもそも、ブラウザは同期通信をしていませんので、aXes は通信切断を認識していません。
ブラウザの画面はそのままにして、通信状況の良い場所に移動して、電話通信のみを再度接続すれば、セッション画面は、そのまま継続してお使いいただけます。

アドミニストレータ画面サンプル

aXesのスプール照会

Web Spooler は、ブラウザ上でスプールの照会・印刷を可能にする aXes のオプション・ライセンスです。Pcomm 等、従来型エミュレータのプリンタ・セッションと異なるのは、プル型である点です。aXes にはプリンタ・セッションという概念がありません。ユーザーがブラウザ上で選択したスプールを照会し、ネットワーク上のプリンタに印刷指示をする必要があります。

しかし、aXes には従来型エミュレータにできないスプール・コントロール機能があります。

端末セッション・ウィンドウのツールバー・ボタンで出力画面を開きます。

スプールを選択してクリックすると、スプールが「HTML」形式で表示されます。

①スプールを全桁表示

132桁/198桁のスプールを全画面表示させることができます。左上部の Page 番号をクリックすると指定ページにジャンプすることが可能です。

②PC印刷

右上部のプリンタ・アイコンをクリックすると、ローカル PC にインストール済みの PC プリンタの選択ウィンドウが開きます。プラウザで表示されていますので、5577 エミュレーションを必要としない、通常の PC 印刷が可能になります。(注)PC 印刷ですので、プリプリント印刷の伝票印刷等には不向きです。

③ファイル形式の選択

スプールの「表示方法」は、HTML 以外に、PDF/XML/TEXT が選択できます。PDF を選択した場合、クライアントに Adobe Acrobat Reader がインストールされていれば、自動的に PDF 表示されます。スプールをクライアントに保管するといった、新しい使い方が可能になります。

セッションパーキング

aXesのAutoGUI機能

AUTO GUI 機能は、一定のルールに従って aXes が自動的にクリッカブル・エリエを 5250 画面上に生成する機能です。GUI 化される対象は以下の通りです。

  • 「ファンクション・キー」
  • 「サブファイル」
  • 「サブファイル・オプション」
  • 「メニュー項目」
  • 「ページ・キー」
  • 「ハイパーリンク」

AUTO GUI 機能は、端末セッション・ウィンドウのツールバーから、オン/オフの切り替えが可能です。

①「ファンクション・キー」 「メニュー項目」の例

AUTO GUI をオフにすると、マウス操作ができなくなります。

②「サブファイルオプション」 の例

オプション番号をクリックすると、オプション・フィールドに番号が自動的に入力されます。

AUTO GUI をオフにすると、サブファイル・オプション番号はクリックできなくなります。

③「ハイパーリンク」 の例

URLと判断できる文字列、メールアドレスと判断できる文字列が自動的にリンクされます。

AUTO GUI をオフにすると、リンクは消えてマウス操作ができなくなります。

キーボード・マッピングの切り替え

aXesのキーボード・マッピング

aXes には、「AS400キーボード」と「Windowsキーボード」と呼ばれるキーボード・マッピングが用意されています。端末セッション・ウィンドウ単位に切り替えることができます。日本国内でのディフォルト値は「AS400キーボード」になっていますが、ディフォルト設定を「Windowsキーボード」に変更することも可能です。

端末セッション・ウィンドウのツールバー・ボタンで設定画面を開きます。

「AS400キーボード」と「Windowsキーボード」は、実行キーを「Ctrl」キーにするか、「Enter」キーにするかの違いがございます。ファンクションキー等は、基本的に従来型エミュレータと同様です。

スプール照会

aXesのサインオン画面サンプル

aXes のログイン画面です。IBMi のユーザー&パスワード等を入力すればログインできます。
Pcomm等の従来型エミュレータのログイン画面(QDSIGNON)とは異なります。従来型エミュレータの場合、ログイン画面つまりは QDSIGNON 画面が表示された時点で、端末セッションは確立されています。言い換えれば、仮想デバイス名が割りあてられています。
しかし、aXes の上記ログイン画面は、aXes の HTTP Server(aXesW3) が提供している画面であり、この時点では仮想デバイスは生成されていません。言い換えれば、端末セッションは確立されていません。ユーザー&パスワード等を入力して、ログインする過程で仮想デバイスが生成されることになります。

aXes の場合、IBMi の QDSIGNON 画面は表示されません。このログイン画面でユーザー&パスワード等が入力された後、内部で仮想デバイスが自動生成されます。QDSIGNON 画面は、ここで入力されるユーザー&パスワード等がパラメータとして受け渡され、透過的に使用されます。よって、ユーザーには、QDSIGNON 画面が表示されません。

ユーザー&パスワードのみの指定でログインした場合、IBMi の「仮想装置の自動構成」設定に従って、「デバイス名 : QPADEVxxxx」 が生成されます。

ログイン画面の「Advanced」ボタンを押すと、ユーザー&パスワード以外のログイン情報を入力することができます。↓

スクリーンサイズ : 24行 x 80桁 / 27行 x 132桁表示に対応しています。
装置 : 接続デバイス名を指定できます。
プログラム : QDSIGNON 画面上の「プログラム/プロシージャー」に渡されます。
メニュー : QDSIGNON 画面上の「メニュー」に渡されます。
現行ライブラリー : QDSIGNON 画面上の「現行ライブラリー」に渡されます。

デバイス名について・・・

従来型エミュレータのように、クライアントのアイコンをクリックするだけで常に同一デバイス名での接続を必要とする場合は、こちらをご覧ください。

スタイルシート

スタイルシート

aXes には、8種類のスタイルシートがあります。スタイルシートは、端末セッション・ウィンドウのツールバーから、切り替えることが可能です。

デフォルト

ブルー

オリーブ

シルバー

グラファイト

aXes ブルー

aXesホワイト

aXes 5250 エミュレーター