「モバイル通信 ホスト」タグアーカイブ

aXesのセッションパーキング

セッション・パーキングとは、aXes 独自のセッション管理機能です。 Pcomm 等の従来型エミュレータは、IBMi との通信において、常に同期通信を行っています。IBMi 内のセッション情報とクライアント側に表示されるセッション情報が一致しているかをチェックしています。言い換えれば、セッション情報を一致させることで、セッション管理が行われています。セッション情報が一致しない時に、従来型エミュレータのジョブは異常終了してしまいます。

aXes は、ブラウザで動作しますので同期通信を行っていません。それは、ブラウザのクリックしない限り通信を行わないという特性に依存しています。同期通信ができないため、aXes のセッション管理は、IBMi 内のセッション情報を「正」とするように設計されています。言い換えれば、クライアントのブラウザ上の表示状況を管理していません。常に IBMi 内の aXesTS(Terminal Server)が管理しているセッション情報が正しいことを前提に動作いたします。

その正確なセッション情報を IBMi 内で保持しているのが、セッション・パーキング機能です。セッション・パーキング機能により、クライアントからの要求が無くても、一定時間はそのセッション情報を保持してくれています。(ディフォルトで 3600秒)

このセッション・パーキング機能は、その働きを理解してお使いいただくと、便利な使い方が可能になります。

 

①セッション・ウィンドウを、誤ってクローズボタンで閉じてしまった場合。

このような場合でも、セッション情報は IBMi 内の aXesTS(Terminal Server) が一定時間保持していますので、この時点ではジョブは異常終了していません。
再度、ログイン画面を呼び出して、「再接続」チェックボックスにチェックをして、ログインし直せば、セッション・ウィンドウをクローズした時点での画面が復元されます。

②モバイル通信で aXes による端末セッション使用中に、電話が切れてしまった場合。

このような場合でも、セッション情報は IBMi 内の aXesTS(Terminal Server) が一定時間保持していますので、この時点ではジョブは異常終了していません。そもそも、ブラウザは同期通信をしていませんので、aXes は通信切断を認識していません。
ブラウザの画面はそのままにして、通信状況の良い場所に移動して、電話通信のみを再度接続すれば、セッション画面は、そのまま継続してお使いいただけます。

アドミニストレータ画面サンプル